886905
StarBoys掲示板
投稿する方は、投稿者登録をお願いします。PASSWORDは、「少年」を英語にした半角英数の3文字です。ここから登録

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

夏の球状星団たち(その4)  投稿者: 夢作 投稿日:2015/07/25(Sat) 19:40 No.2660

「夏の球状星団たち」の(その4)ですが、今日は球状星団1個と輝線星雲です。

左の球状星団はNGC6723で、「いて座」と「みなみのかんむり座」の境目にあります。シャプレーの分類ではZで、光度は結構明るく6.8等です。

2015年7月21日23時39分に撮影。感度ISO12800で30秒露出を6枚コンポジットです。


右は輝線星雲で、二つの恒星を取り巻いているように見えるのがNGC6726、中央やや左下の彗星のような形のがNGC6729です。(どちらも光度は不明)

あまり馴染みの無い星座「みなみのかんむり座」のまさに「いて座」との境界付近にあります。
この辺り細かい星が並んでいますが、右下ギリギリに写っているのはε星です。

2015年7月21日23時24分に撮影。こちらは感度ISO6400で30秒露出を7枚コンポジットです。

Canon EOS Kiss X3を口径404mm焦点距離2240mmの反射望遠鏡に取り付けて撮影。トリミング、コントラスト調整などを行なってあります。



夏の球状星団たち(その3)  投稿者: 夢作 投稿日:2015/07/23(Thu) 20:16 No.2659

「夏の球状星団たち」の(その3)です。
(その2)からほぼ24時間後の撮影ですが、大気の揺らぎはかなり小さくなり、星像が良くなりました。
今回は、感度ISO6400で撮ってみました。

今日も「へびつかい座」南部の三つの球状星団と「さそり座」の1個です。

1番目 : NGC6144(\ 9.1等) 2015年7月21日21時00分に撮影(アンタレスのすぐ傍にあります。)

2番目 : NGC6235(] 8.9等) 2015年7月21日21時32分に撮影

3番目 : NGC6287(Z 9.2等) 2015年7月21日21時23分に撮影

4番目 : NGC6325(W 10.2等) 2015年7月21日21時12分に撮影 

Canon EOS Kiss X3を口径404mm焦点距離2240mmの反射望遠鏡に取り付け、感度ISO6400 にて 30秒露出を7〜8枚コンポジット
トリミング、コントラスト調整などを行なってあります。



夏の球状星団たち(その2)  投稿者: 夢作 投稿日:2015/07/21(Tue) 19:13 No.2658

「夏の球状星団たち」の(その2)です。
今日も「へびつかい座」南部の三つの球状星団です。
昨夜(7月24日)の撮影ですが、透明度は良かったものの大気の揺らぎが激しく、低空ということもあって星像はボテっとしています。

1番目 : M19([ 6.8等) 2015年7月20日21時05分に撮影

2番目 : NGC6284(\ 9.0等) 2015年7月20日21時29分に撮影

3番目 : NGC6293(W 8.2等) 2015年7月20日21時18分に撮影

Canon EOS Kiss X3を口径404mm焦点距離2240mmの反射望遠鏡に取り付け、感度ISO12800 にて 30秒露出を7枚コンポジット
トリミング、コントラスト調整などを行なってあります。



夏の球状星団たち  投稿者: 夢作 投稿日:2015/07/17(Fri) 19:43 No.2653

夏といえば球状星団ですね。特に天の川銀河の中心方向に当たる「いて座」や「さそり座」には数多くの球状星団が群がっています。
それらの中で、今日掲載するのは「へびつかい座」の南部、「さそり座」との境界付近にある三つの球状星団です。
分類は、Tから]までの(シャプレーの分類)を記しました。

1番目 : M62(W 6.4等) 2015年7月14日22時46分に撮影

2番目 : NGC6304(Y 8.4等) 2015年7月14日23時09分に撮影

3番目 : NGC6316(V 8.1等) 2015年7月14日23時18分に撮影

Canon EOS Kiss X3を口径404mm焦点距離2240mmの反射望遠鏡に取り付け、感度ISO12800 にて 30秒露出を8枚コンポジット
トリミング、コントラスト調整などを行なってあります。





Re: 夏の球状星団たち   ひらい - 2015/07/18(Sat) 17:19 No.2654

夢作さん、こんにちは。
タイトルに夏の球状星団とあるので、しゃしゃり出てきました。
画像は宮古島天体観測所の50cmF11反射を使い、コンデジでコリメート撮影したM13です。
42mmアイピース使用、露出60秒、感度ISO1600、合成焦点距離6550mm
2015年6月17日22時55分に撮影。





Re: 夏の球状星団たち   夢作 - 2015/07/18(Sat) 19:11 No.2655

ひらいさん、こんばんは。
さすが、宮古島の空の良さ(特に大気の揺らぎの少なさ)と口径50cmの威力を感じさせる画像ですね。
しかも、コリメート撮影でこれだけ写るとは大したものです。宮古島に移住したくなりますね(^^)

比較という訳でもありませんが、当地の40cmF5.6反射で撮影したM13を掲載しておきますね。
2015年7月15日01時46分に撮影
感度ISO12800、30秒露出を7枚コンポジット
トリミング、コントラスト調整などを行なってあります。





Re: 夏の球状星団たち   ひらい - 2015/07/18(Sat) 19:36 No.2656

夢作さん、こんばんは。
宮古島の大気の揺らぎの少なさと、夢作さん研磨の望遠鏡の威力は凄いです。
いつもいいとこ取りをさせていただき、感謝してます。
ということで、現在は東のほうに足を向けて寝てます。(笑)




Re: 夏の球状星団たち   夢作 - 2015/07/18(Sat) 19:49 No.2657

南のほうに足を向けて寝ていただいても別に構いませんよ。(笑)
それにしても大気の揺らぎ、何とかならんかなぁ・・・と、いろいろ考える今日この頃です。


ついに星空現わる!  投稿者: 夢作 投稿日:2015/07/15(Wed) 21:18 No.2652

昨日は待ちに待った青空が広がりました!
透明度は抜群に良く、シンチレーションも比較的落ち着いていて絶好の撮影日和でした。
昨夜21時頃から今日の午前2時半頃まで頑張って撮影したので、その成果を少しずつ
発表していきたいと思います。

先ずはラブジョイ彗星(C/2014 Q2)です。
位置的にもだいぶ高くなって見やすくなってきました。今後こぐま座からりゅう座へと
移動していくので、ますます見やすくなりますね。光度も相変わらず9等級を保っている
ようです。

2015年7月14日 21時24分04秒から21時28分35秒の間に撮影
Canon EOS Kiss X3を口径404mm焦点距離2240mmの反射望遠鏡に取り付け、
感度ISO12800 にて 30秒露出を8枚コンポジット
トリミング、コントラスト調整などを行なってあります。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -