811208
StarBoys掲示板
投稿する方は、投稿者登録をお願いします。PASSWORDは、「少年」を英語にした半角英数の3文字です。ここから登録

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

ヘルクレス座の球状星団  投稿者: 夢作 投稿日:2014/09/12(Fri) 18:30 No.2473

北天随一といわれるヘルクレス座の有名な球状星団M13と、同じヘルクレス座のM92です。

M13は眼視等級5.7等、視直径10′とされているのに対し、M92は眼視等級6.1等、視直径8.3′とされています。
これらの数字を見ても分かるように、M92は普通なら十分に明るくて大きな球状星団ですが、近くのM13の陰に隠れて
地味な存在となって損(?)しています。(笑)

左:M13 7月27日23時32分に撮影 ISO12800 136秒露出(3コマコンポジット)

右:M92 7月28日00時28分に撮影 ISO12800 175秒露出(4コマコンポジット)

※コントラスト調整の他、この日はシーイングが悪く星像が肥大したのでシャープ処理してあります。



アルビレオ付近の球状星団  投稿者: 夢作 投稿日:2014/09/08(Mon) 17:37 No.2472

はくちょう座の有名な二重星アルビレオの近くにある二つの球状星団です。

M56は、アルビレオとこと座のγ星の真ん中辺にあり、星座区分では「こと座」に属します。

M71は、アルビレオとわし座の1等星アルタイルの中間から3度ほど東寄りにあり、星座区分では「や座」に属します。
球状星団としては星の密集度がかなり低く、散開星団のようにも見えます。
3年前の2011年8月末には、ギャラッド彗星(C/2009P1)が近くを通過し、双眼鏡で良い眺めでした。

左:M56 7月22日00時59分に撮影 ISO12800 120秒露出(30秒×4)

右:M71 7月22日01時31分に撮影 ISO12800 120秒露出(30秒×4)

※コントラスト調整とシャープ処理してあります。



さそり座の球状星団  投稿者: 夢作 投稿日:2014/08/24(Sun) 14:32 No.2460

その後、へびつかい座の球状星団は撮れてないので、今日は5月に撮ったさそり座の球状星団です。
もっとシーイングの良い日に撮り直したかったのですが、このところの天候状態では今シーズンはもう撮れないかもしれないので・・

左は、さそり座の心臓「アンタレス」の近くにある大きくて密集度の低いM4です。双眼鏡で見やすい球状星団ですね。
5月7日03時03分に撮影 ISO感度12800にて193秒露出(3枚コンポジット)

右は、アンタレスとさそり座β星の中間付近にあるM80です。M4に比べ視直径はだいぶ小さいですが、密集度は高いです。
5月5日01時52分に撮影 ISO感度12800にて205秒露出(3枚コンポジット)

※ ステライメージ7でコンポジット後、Windows8.1のフォトでコントラスト調整





Re: さそり座の球状星団   ジーク - 2014/08/28(Thu) 12:33 No.2463

こんにちは。

私も最近、球状星団の撮影をいろいろ試みています。

まずは、明るい、いて座M22です。

(FS−102+LPS-P2+1.4倍テレコン+Nikon-D90、30秒X5枚)




Re: さそり座の球状星団   夢作 - 2014/08/29(Fri) 14:07 No.2464

ジークさん、屈折で撮影された球状星団をもっと見たいです。
次なる画像のアップを期待しています。

私の方は、今日は初めての散開星団をアップします。
3600mmの焦点距離では広がり過ぎて見栄えのしない散開星団が大部分なのですが、
たて座のM11ならぎりぎりセーフかな?

8月17日21時34分に撮影 ISO12800 30秒露出の1枚画像です。(コントラストのみ調整)





Re: さそり座の球状星団   ジーク - 2014/08/30(Sat) 10:39 No.2465

夢作さん、
それでは、リクエストにお応えして、比較用にM11の画像をアップします。 焦点距離(1128mm)の差がしっかり出てしまっていますが。。。

(FS-102+LPS-P2+TC-14+D90、30秒X5枚コンポジット)




Re: さそり座の球状星団   夢作 - 2014/08/30(Sat) 22:55 No.2466

ジークさん、3分の1以下の焦点距離にもかかわらず良く撮れていますね!
逆に言うと、3倍強のトリミング拡大ということになりますから、それでこの星像はさすがフローライト屈折ならではですね。
球状星団も見せてください。




Re: さそり座の球状星団   Civet - 2014/09/04(Thu) 08:33 No.2467

夢作さん、ジークさん、おはようございます。
お二方の精力的な撮影の成果、楽しませていただいております!

さて、M11の画像を拝見していて思ったのですが、屈折の方が暖色系の表現というか、黄色い星が多く写っている気がします。
眼視で散開星団を見た場合にも、同じような傾向に見えるのですが、写真でもそういう違いが出てくるのでしょうか?

写真の場合は画像の後処理の条件にもよるかもしれませんが・・・・




Re: さそり座の球状星団   夢作 - 2014/09/04(Thu) 22:31 No.2468

Civetさん、こんばんは。

そうですね、私も同じように感じています。
確定的なことはデータ不足のため言えませんが、反射鏡のアルミメッキ(+SiOコート)の分光反射率と、
屈折対物レンズの硝質や光学設計、コーティングによって異なる分光透過率の違いによるものかもしれませんね。

一例として、下に掲げた表は、私がメッキを依頼している取引先の測定による25cm鏡の分光反射率のグラフですが、
縦軸は反射率、横軸は光の波長を表しています。

この測定表を見ると、緑色光付近(波長500〜550nm付近)では92%位の反射率ですが、赤色光の600nm付近では89%位に低下して、
Hαに近い650nm付近となると86%程に落ちています。

屈折の分光透過率のグラフが無いので正確なことは判りませんが、屈折の場合はおそらく赤色側が反射ほど低下せずに、
もっとフラットに伸びていると思われます。
また赤色光と逆の紫外域に近い青色光側は、反射よりも低下していると思われます。

上記のことが原因になって、Civetさんがおっしゃるような印象に繋がっているのではないでしょうか・・・

同じ反射鏡でも、赤色側の反射率が高い銀メッキを施せば屈折と同じような色合いになるかもしれませんね。





Re: さそり座の球状星団   ジーク - 2014/09/05(Fri) 01:05 No.2469

夢作さん、Civetさん、こんばんは。

当方のM11画像は、NikonのテレコンバータTC-14を使用しているので、それによる赤ニジミが影響しているのかもしれません。

R200SS+コマコレクタ1 と FS-102直焦点 によるM13の画像を
貼ります。R200SSは反射系ですが、コマコレクタの影響でかなり赤ニジミが出ています。一方、FS-102の像は、赤ニジミが少ないです。
(撮影日が違うので、空の状態に差がありますが。。。FS-102で撮影した日は透明度が悪かった)




Re: さそり座の球状星団   Civet - 2014/09/05(Fri) 21:52 No.2470

夢作さん、こんばんわ

アルミメッキと比べ、長波長域で有利な銀メッキは数年前に某スターパーティでも話題になっていて、何台か見せてもらったのですが、確かに二重星団の黄色い星が多く見える、M42のエンジ色が見やすい、などの効果がある気がしました。

しかし、その後、アルミメッキでも比較的新しい製品では、同じような彩度が感じられ、メッキが新しいからなのか、それともコーティング等が進歩したからなのかが、よくわからないまま今に至っています。




Re: さそり座の球状星団   Civet - 2014/09/05(Fri) 21:59 No.2471

ジークさん、こんばんわ。

なるほど、眼視の場合、赤色光の感度が非常に低いので、テレコンバーターやコマコレクターによる「赤にじみ」があったとしても、ほとんど問題にならないのでしょうけど、写真の場合、赤もしっかり写るので、あたかも色温度が下がったような星野の表現になる、ということがあるのですね。

そう言えば昔、ボーグのアクロマートレンズで星雲星団を撮影していた頃に、「青にじみ」に関して同じような経験をしました。


夏から秋の惑星状星雲  投稿者: 夢作 投稿日:2014/07/29(Tue) 18:32 No.2441

梅雨明け後もなかなかすっきりした夏空とはならず、霞んだような白っぽい空の毎日です。

今日は夏から秋にかけての夜空に見られる惑星状星雲です。

左は有名すぎる「こと座の環状星雲(リング星雲)」です。中心星を眼視で見るには相当口径の大きな望遠鏡が必要で、30cm程度ではまず無理です。
7月25日に撮影:306秒露出(7枚コンポジット)

中は「いるか座のNGC6905」です。淡いですが結構大きな星雲で、30cmクラスでは興味深く見られます。
7月29日に撮影:459秒露出(8枚コンポジット)

右は「アンドロメダ座のNGC7662」です。「青い雪だるま星雲」の愛称が付いていますが、英語では「Blue Snowball Nebula」ですから、
「雪だるま」というより「雪だま」が正しいでしょうね。「雪だるま」なら「Snowman」のはず・・・ま、雪だるまのほうがメルヘンチックでよいのかな?
7月26日に撮影:114秒露出(9枚コンポジット)

※ 3枚ともトリミング倍率は同じで、コントラスト調整してあります。





Re: 夏から秋の惑星状星雲   ひらい - 2014/07/29(Tue) 22:07 No.2442

夢作さん、こんばんは。
出ました! 惑星状星雲。

ところで、写野の中央に目的の天体を導入するのは難しいと思いますが、どのようにど真ん中に入れているのでしょうか。
私の場合、画面では見えず、ファインダー頼りでして、中央に入れたつもりが微妙に外れてしまい何度か撮影し直しています。




Re: 夏から秋の惑星状星雲   夢作 - 2014/07/30(Wed) 22:20 No.2443

ひらいさん、こんばんは。

望遠鏡の焦点距離が3600mmもあるので、写野の中央に導入するのは確かに難しいです。
そこで私が使っているのが、アイベルさんから購入した「同焦点対象確認フリップミラー」という優れ物です。
これには、アメリカンサイズのアイピースと、Tリングを介して一眼レフカメラボディを付けることができ、
ミラーをフリップさせて光路を切り換えます。

アイピースはペンタックスXL28mmを使用。倍率128倍、視野27分程度を得ています。
私が使っているAPS-Cサイズの一眼レフを3600mmで使用した場合の写野が22分×15分程度になりますから、
視野27分というのはちょうど良い広さです。

星図と望遠鏡のファインダーを頼りに目的の天体をアイピースの視野に導入して、真ん中に来るように望遠鏡の
コントローラーのDEC、RAボタンを押して調整します。

あとはフリップミラーをカメラ側に切り換えて撮影するだけですが、10等級くらいまでの天体なら
カメラのファインダーでも直接見えますから、さらに真ん中に来るように微調整します。
それでも、写してみると写野の中央から多少ずれていることはあります。
掲載画像は上のM57のコンポジット、トリミング前の1枚ですが、普通この程度にはずれています。

ここに掲載するときは、大部分の画像はトリミングしますから、そのときにほぼ真ん中に来るようにしています。





Re: 夏から秋の惑星状星雲   ひらい - 2014/07/31(Thu) 01:00 No.2444

詳しい説明、ありがとうございました。
なるほど、フリップミラー方式ですか。
2インチサイズのアイピースを使ったコリメート方式だと
市販品はないようです。
自作かなあ。




Re: 夏から秋の惑星状星雲   夢作 - 2014/08/04(Mon) 17:24 No.2445

ひらいさん、市販品を改造して使えるかもしれないですよ。

今日も惑星状星雲を三つです。

左は「ヘルクレス座のNGC6210」です。視直径が28″×21″と小さいので、3600mm程度の焦点距離ではやや力不足です。
7月27日に撮影:53秒露出(5枚コンポジット)

中は「りゅう座のNGC6543」で、「キャッツアイ星雲」の愛称が付いていますが、これも視直径22″と小さく、
3600mmでは猫の目のような構造を写すには力不足です。
7月28日に撮影:58秒露出(8枚コンポジット)

右は「みずがめ座のNGC7009」で、「土星状星雲」の愛称があります。
こちらは44″×26″とやや大きいので、土星の輪っかのように見える部分が写っています。
7月29日に撮影:72秒露出(8枚コンポジット)

※ 3枚ともトリミング倍率は前回と同じで、コントラスト調整してあります。なお今回はISO感度6400です。





Re: 夏から秋の惑星状星雲   ひらい - 2014/08/07(Thu) 12:28 No.2446

最近、金属加工ばかりしていて、撮影していないものですから、4年前の掲示板の投稿をリンクしておきますね。
http://fuji-optics.net/starboys/joyfulyy.cgi?getno=1342#getno1342
宮古島の50cm反射を使用しコリメート撮影した惑星状星雲です。




Re: 夏から秋の惑星状星雲   夢作 - 2014/08/07(Thu) 15:47 No.2447

ひらいさん、厚くて重い鉄板にたくさんの穴をあけたり、切ったり、ヤスリをかけたり大変ですね。

4年前の宮古島50cm反射による画像、懐かしいです。
コリメート撮影は、縮小から拡大までズームで自在に変えられるのが良いですね。
キャッツアイ星雲は構造もよく分かり、さすがです。




Re: 夏から秋の惑星状星雲   ジーク - 2014/08/27(Wed) 09:25 No.2461

皆さん、こんにちは。
低空の靄を通して、無理やり撮ったNGC7293です。
昨年、600mmで撮ったので、今回は300mm望遠で。
かなり露出不足ですが。。。
(EOS-Kiss-X5+LPS-P2+SIGMA-Apo-Macro300mmF4、30秒X4)




Re: 夏から秋の惑星状星雲   夢作 - 2014/08/27(Wed) 23:27 No.2462

ジークさん、こんばんは。

みずがめ座の巨大惑星状星雲ですね!
私もいつかは写してみたいと思いながら、まだ一度も試みたことがありません。
3600mmの焦点距離+APS-Cサイズでは、写野一杯になってしまうでしょうね・・
透明度の良い夜があったら、今度こそ写してみます!


へびつかい座の球状星団  投稿者: 夢作 投稿日:2014/08/18(Mon) 18:13 No.2457

M10とM12は二ヶ月ほど前にアップしたので、今回はM107、M9、NGC6356、M14の四つです。

M107とM14は、視直径2〜3分というデータよりもかなり大きいのではないかと思うのですが・・・
また、M107は星の密集度が低く、まばらな印象でどこまでが星団なのか境目がはっきりしない感じです。
四つの中では、NGC6356が最も球状星団らしい姿をしています。

左からM107、M9、NGC6356、M14、8月17日に撮影。
すべてトリミング倍率は同じで、3枚コンポジット120秒露出です。
コントラスト調整してあります。





Re: へびつかい座の球状星団   Civet - 2014/08/18(Mon) 21:49 No.2458

へびつかい座の球状星団特集ですね!
M14の写真は、眼視イメージに非常に近い気がします!




Re: へびつかい座の球状星団   夢作 - 2014/08/19(Tue) 14:36 No.2459

Civetさん、こんにちは。

今年の夏は夜間に雲が発生することが多く、なかなか撮影日和に恵まれません。
シーイングも夏にしては悪く、星像が膨らみがちになるのが残念です。
今夜晴れたらM19、M62あたりを狙っているのですが・・

M14の写真も他のと同じように少しコントラストを付けてありますが、オリジナルの写真はもっと眼視イメージに近いと思います。(笑)


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -